がま口財布、と聞いてどんな人が思い浮かぶでしょうか?
私は小さい子供や、おばあちゃんが使っているイメージがあります。
お使いにきた10歳くらいの子供が、がま口財布の中から10円玉、50円玉を取り出し、お菓子を買っている光景を見た事があり、私は、今がま口財布を使っている子もいるんだなあ、今の子はおしゃれだから長財布とか使っているイメージがあったな、と意外に思いました。

がま口財布は、基本的に口がピッタリと閉まり、中のお金を落とす、というような事態があまり起こらない品物です。
お札なども入らないわけではなく、普通に使う分には困りません。
私自身も祖母からがま口財布を貰って使っていた時期があり、小銭を入れてジャラジャラと鳴る音を聞いて、まるでお金持ちになったような気分になっていました。

貯金箱を持ち歩いているような感覚といいましょうか。
とにかく細かい買い物では困りませんでした。
私としては、小銭用としてがま口財布を持ち歩いても良いんじゃないかなとも思います。
そう考えるのは私にとってがま口財布が思い出の品だからかも知れません。